るかの掃除術

〜ワンランク上の掃除術〜

茂木和哉が教えてくれたこと。

f:id:ruka_net:20181127135951j:plain

 

現在愛用している洗剤はいくつかありますが、

まずは「茂木和哉」を紹介しないわにはいきません!

 

と、言うのも、掃除の楽しさを教えてくれたのは茂木和哉だからです。

 

水垢、サビ、焦げは全てこれ1本で楽に落とすことが出来ます!

 

茂木和哉とは?

茂木和哉とは、2013年12月に秋田で生まれた水あか洗剤です。

秋田の温泉の水質ミネラルが豊富で、鏡やカラン(蛇口)には信じられないほど頑固な水垢がついたといいます。

そんな頑固な水垢を落とすため、当時温泉施設で働いていた茂木さんが、現場で試行錯誤を繰り返しながら生まれたのが「茂木和哉」です。

茂木和哉のここがすごい!

 

個人的にすごいと思う所は、以下の2点です。

 

洗浄力と安全面を両立させた。

洗剤は、基本的に洗浄力を上げれば安全性が低くなり、安全性を高くすれば、洗浄力は落ちてしまいます。

しかし、茂木さんは絶妙なバランスで調整をすることで、高い洗浄力を持ちながら、安全性も高い茂木和哉」を開発することに成功しました。

 

「茂木和哉」の刺激が少ない2つの理由!特徴は合成界面活性剤とph【茂木和哉】

 

希少な酸性クレンザーである。

これは私も知らなかったのですが、一般的なクレンザーに使われている研磨剤はアルカリ性だそうです。

酸性アルカリ性には中和作用があるので、これまで販売されていたクレンザーはほぼ中性アルカリ性でした。

 

しかし、茂木和哉は弱酸性のクレンザーです。

酸性への研磨剤配合を何度も何度も繰り返し、希少な酸性タイプのクレンザー完成させたのです。

 

また、その研磨剤も、ただ酸性に耐えるだけでなく、「鏡より柔らかく、水垢よりも硬い」絶妙な硬度と粒子の物が配合されています。

 

水垢洗剤「茂木和哉」の強い洗浄力の秘密その2

 

 

豊富な経験と知識を持つ茂木さんだからこそ、作ることの出来た画期的な洗剤なのですね!

 

使えるものと使えないもの。

茂木和哉が使えるものと使えないものは以下の通りです。

 

特に「使えないもの」はよくご覧になってください。

 

使えるもの


陶器

ガラス
ステンレス(非光沢)
スチール
ホウロウ

 

使えないもの


曇り止め加工やフィルム加工など特殊加工された鏡
プラスチック製やステンレス製などガラス製以外の鏡
浴室以外の鏡やガラス
自動車
プラスチック製品
光沢のあるステンレス製品
光沢のあるバスタブ
大理石(人工大理石を含む)

 

その他、塗装面・表面加工されているものにも使えません。

 

茂木和哉の使い方。

 

使う上での注意点やコツは以下の5点です。

 

よく振ってから使用する。

成分が沈殿している場合があるので、使う前はキャップを閉じてよく振ってから使用します。

 

目立たない場所で試してから使用する。

まず目立たない場所で少し使ってみて、変色や傷がつかないことを確認してから使用します。

 

ラップや専用たわしを使用する。

茂木和哉は、磨きながら汚れを落とす洗剤です。

スポンジだとうまく力が伝わらず、液がどんどん吸収されてしまって、うまく汚れを落とすことが出来ません。

私は専用たわしを愛用しています。

しっかり乾拭きをしてから使用する。

少しでも濡れていると、研磨剤の効果が薄れてしまいます。

乾拭きをして、水気を切ってから使用すると、より効果を実感出来ます。

 

事前に落とせる汚れは落としておく。

茂木和哉は全ての汚れを落とせる万能洗剤ではありません。

事前に中性洗剤で落とせる汚れは落としてから使用すると、より効果を実感出来ます。

 

 

茂木和哉を使ってみた。

実際に我が家で使用した一部をご紹介します!

 

洗面台に使ってみた。

はじめに使ったのは洗面台です。

f:id:ruka_net:20181114212751j:plain

何年も放置した汚れも。。。

f:id:ruka_net:20181114212734j:plain

こうです!

f:id:ruka_net:20181114212721j:plain

もう一箇所の洗面台も。。。

f:id:ruka_net:20181114212705j:plain

新品のようにピカピカになりました!

 

トイレに使ってみた。

実はトイレにも使えます。

(Beforeはあまりにも汚かったので割愛します。)

f:id:ruka_net:20181115115806j:plain

サンポールと組み合わせて使うと、便器が光ります。

 

ステンレスシンクに使ってみた。

さらにシンクにも使えます!

f:id:ruka_net:20181114212917j:plain

中性洗剤で洗った後に使うと。。。

f:id:ruka_net:20181114212904j:plain

ツヤが出ます。

 

嘘みたいな本当の話です。

 

「ここまでキレイになるのか!」と、感動したことがキッカケで、掃除に目覚めました。

 

何故茂木和哉は頑固な汚れを落とせるのか。

茂木和哉の主成分は、スルファミン酸研磨剤です。

 

※スルファミン酸自体は強い酸性ですが、刺激を抑えるため、弱酸性になるよう調整されています。

 

一言で言うと水垢に強いクレンザー」です。

 

何年も経った汚れは、頑固になっているので、化学の力だけで落としきることが困難です。

 

しかし、茂木和哉には研磨剤が配合されているので、中和作用と研磨作用の両方が頑固な汚れにアプローチして、落とすことが出来るのです。

 

※頑固な汚れも落とすことの出来る洗剤は、その洗浄力の高さから取り扱い注意のプロ用のため、市場では流通していません。

 

使い方の失敗例。

茂木和哉は、カラン(水洗)にも使えますが、文字が印字されている物に使う時は、注意してください。

 

こちらは、茂木和哉で磨く前の水洗です。

f:id:ruka_net:20181206004914j:plain

水垢がびっしりついています。

 

これを張り切って擦りすぎた結果。。。

 

f:id:ruka_net:20181206004910j:plain

水垢と一緒に、文字も消えてしまいました。。。

 

この時はまだ使い始めで勝手がよく分かっていなかったので、かなり力を入れてやってしまいました。。。

「茂木和哉バスタブ用」なら結果は違っていたかもしれませんが、印字されている物にいきなり茂木和哉を使うのはリスクが高いです。

まずはクエン酸パックなどをお試し下さい!

(パーツは後日交換しました。)

 

大ヒット秘話。

茂木和哉を大ヒット商品へと導いたのが、実演販売士ロックオン錫村さんです。

販売当初の商品名は「ハイブリットクレンザー」だったそうですが、

この商品を錫村さんに依頼した所、「茂木和哉にしたら。」と提案されたそうです。(当時流行っていたドラマ「半沢直樹」にちなんで。)

 

「自身の存在を知ってもらうこと。また、存在を知らせることが消費者の安心と信頼に繋がる。」と考え直し、商品名とデザインを一新。

自身の名を商品名にしたインパクトは大きく、多数のメディアで紹介され、大ヒット商品となったのでした。

 

茂木和哉さん本人もすごい人。

開発者である茂木和哉さんは、「洗剤開発者」なので、水垢だけに詳しいわけではありません。

 

工業薬品の会社で原料について学び、洗剤メーカーに勤めて洗剤の作り方を覚え、起業後も、清掃員として洗剤の使い方や汚れの落とし方を現場で研究してきたプロ中のプロです。

 

全ての汚れ落としを得意とし、他にも多くの商品を開発されています。

 

汚れを落とし、キレイにする喜びを教えてくれた茂木さんには感謝でいっぱいです。

 

▽日々の掃除術や洗剤講座を投稿している茂木和哉さんのインスタはこちら

茂木和哉 (@motegikazuya) • Instagram photos and videos

 

▽茂木和哉バスタブ用の紹介記事はこちら

rukanet.hatenablog.jp

 

茂木和哉

 

■ 液性:弱酸性
■ 成分:研磨剤(50%)、スルファミン酸、グリコール系溶剤、増粘剤
■ 内容量:200ml
■ 用途:浴室内の鏡、カラン(蛇口)の水あか。IHクッキングヒーターの天板、鍋、フライパンの水あかやこびりつき。便器の黄ばみや尿石。スチール棚やキャンプ用品、工具、自転車、ゴルフドライバーなどのサビ。