るかの掃除術

〜ワンランク上の掃除術〜

浴室扉のパッキンに生えた頑固なカビを退治する方法。

f:id:ruka_net:20181127141150j:plain


浴室扉のゴムパッキンに生えた黒カビを退治しました。

 

カビ発見。

我が家の浴室の扉は折れ戸タイプなのですが、下にはゴムパッキンがついています。

 

そこを覗いてみると、両面にカビが生えていました。

f:id:ruka_net:20181130145205j:plain

表側。

f:id:ruka_net:20181130145150j:plain

裏側。


覗き込まないと見えないので、今日まで気付かなかったです。

なので、15年分のカビということになります。

 

今回はこれを落としていきます!

 

パッキンの位置が曲者。

今回はパッキンの位置が曲者です。

後ろに壁でもあればそこで固定出来るのですが、柔らかいパッキン自体に密着させる必要があるからです。

 

そこで使ったのは、市販のカビ取りスプレーです!

泡であればパッキンにも密着しやすいだろうと考えました。

まずは市販のカビ取りスプレーで落とせるだけ落として、残ったカビにはキッチンハイターという二段構えで挑みます!

 

ちなみに、扉の取り外しと取り付けの出来る方は、外した方が断然効率が良いです。

 

カビ退治スタート!

少しの開閉でも泡がズレてしまうため、表側と裏側とで日を分けて行うことにしました。

 

1日目。

まずは表側から取り掛かりました。

カビ取りスプレーをして、乾かないように上からラップをします。

f:id:ruka_net:20181130145133j:plain

泡がちゃんと密着するように。

 

1時間ほど放置したら、再度スプレーして、また1時間放置します。

 

残ったカビには、キッチンハイターの原液ティッシュを染み込ませたものを扉の下に詰め、ラップをして、半日放置します。

f:id:ruka_net:20181130145120j:plain

部分的なら液体のハイターでも密着出来ます!

 

その結果がコチラです!

f:id:ruka_net:20181124185812j:plain

カビ退治成功!

 

後は水で流すだけなのですが、表面までは浴室のシャワーが届きません。

そこで、ジョウロを使って洗い流しました。

f:id:ruka_net:20181124185801j:plain

しっかり流します。

 

よく水で流したら、乾拭きをして、表側はこれで終了です!

 

2日目。

後日、裏側も同じ手順で行いました。

セットした後は浴室から出ないといけないので、最低限出入り出来る隙間を確保してから行います。

f:id:ruka_net:20181124185829j:plain

まずはカビ取りスプレーをして。。。

f:id:ruka_net:20181124185838j:plain

残った箇所にはキッチンハイターで湿布します。

 

裏側の結果がコチラです!

f:id:ruka_net:20181124185821j:plain

こちらもカビ退治成功!

 

裏側はシャワーが届くので、こっちは洗い流すのが楽です。

シャワーでよく洗い流して、乾拭きをしたら終了です!

 

ビフォー、アフター。

今回のビフォー、アフターです。

f:id:ruka_net:20181124191612j:plain

表側のビフォー、アフター。

f:id:ruka_net:20181124191618j:plain

裏側のビフォー、アフター。

 

目線より上のカビ取りも大変ですが、下というのも大変でした。

 

参考になれば幸いです。

 

※この記事は2018年3月にInstagramに投稿した内容を再編集した物です。