るかの掃除術

〜ワンランク上の掃除術〜

【コーキングのカビ取り決定版】打ち直す前にお試し下さい!

f:id:ruka_net:20181127142954j:plain


以前、茂木さんが画期的なコーキングのカビ取り方法をInstagramに投稿していました。

 

www.instagram.com

これを真似してみた所、驚くほど真っ白になり、一人で感動していました!

 

これは是非多くの方とシェアしたいと思い、その後二日間かけて全てのコーキングのカビを落としたので、その時の様子を投稿します!

 

コーキングは最もカビが生えやすい。

コーキングは、浴室の中で最もカビの生えやすい場所だと言われています。

水分や汚れが付着しやすいためです。

 

最初はキレイだったコーキングも、年数が経つに連れ、カビの温床となってしまいます。

 

築15年の我が家のコーキングにも、このような黒カビが生えています。

f:id:ruka_net:20181124195434j:plain

 

市販のカビ取り剤も何度か試したのですが、よほど根が深いようで、効果なしでした。

 

調べてみると、やはりコーキングのカビは手強いようで、もう打ち直すしかないと諦めていました。

 

しかし!

そんなカビを茂木流で落とすことが出来たのです!

 

用意するもの。

 

用意するものは以下の5点です。

 

キッチンハイター。

f:id:ruka_net:20181203124718j:plain

もちろん原液を使います!(ハイターでも構いません。)

キッチンペーパー。

f:id:ruka_net:20181203124727j:plain

ティッシュよりも丈夫なので、長時間の湿布に長けています。

 

ラップ。

f:id:ruka_net:20181203124702j:plain

湿布するために使います。 

 

ゴム手袋。

f:id:ruka_net:20181203124654j:plain

カビ退治の必需品。

 

マスク。

f:id:ruka_net:20181203124710j:plain

同じく必需品。

 

 

以上です!

 

下準備。

まず、キッチンペーパーを折って、ハサミでこのようにカットします。

(丸めて端からカットしても◎)

f:id:ruka_net:20181124195209j:plain

 

カビ退治スタート!

原液のキッチンハイターにカットしたキッチンペーパーをたっぷり浸して、、、

f:id:ruka_net:20181124195147j:plain

 

カビの生えているコーキングに貼り付けます。

f:id:ruka_net:20181124195139j:plain

 

乾かないように上からラップをして、半日放置します。

f:id:ruka_net:20181124195339j:plain

 

半日後。 

すると、こんなに真っ白になりました!

f:id:ruka_net:20181124195429j:plain

 

すごいですよね!感動です!

これで打ち直さずにコーキングをキレイにすることが出来ました!

 

後はシャワーでよく洗い流して、塩素のニオイが飛ぶまで換気をしたら終了です!

 

ビフォー、アフター。

今回のビフォー、アフターです。

f:id:ruka_net:20181124195314j:plain

 

f:id:ruka_net:20181127142954j:plain


もはやコーキングのカビ取り決定版!と言っても良いのではないでしょうか!

 

もちろん、表面が白くなっただけではなく、これ以降新たなカビは生えて来ていません。

 

本当に"効果絶大"でしたので、コーキングのカビにお悩みの方は是非お試しください!

(一回で落ちない場合は、二回三回と行うことで落とせるみたいですよ。)

 

原液を使う上での注意点。

このカビ取りでは、キッチンハイターの原液を使うので、いくつかの注意点があります。

 

マスクと換気は必ずすること。
衣類に一滴でも垂れたら色落ちするので、白い服を着用すること。
体調の悪い日には行わないこと。
小さなお子さんや、犬や猫を飼っている方は、浴室を閉め切って、近づけさせないこと。
長時間行なうと、目や喉が痛くなって来るので、何日かに分けて行うこと。
何度も行なうとコーキングの寿命が短くなるので、カビを落としたら防カビくん煙剤などできちんとカビ予防をすること。

 

注意点を見ると怖く感じるかもしれませんが、きちんと守れば問題ありません。

 

失敗例。

衣類は本当に注意です!

 

色落ちすると、こんな感じになります。。。

f:id:ruka_net:20181203133336j:plain

 

悲しい。。。

 

また、白い服であっても、衣服についたらすぐに水で洗い流して下さい。

濃度の濃い原液は生地を痛めやすいので、長時間そのままにしておくと、穴が空いたりします。

 

f:id:ruka_net:20181206204122j:plain

 

悲しい。。。

このように、トライ&エラーで今も学んでおります。

 

参考になれば幸いです。

 

※この記事は2018年10月にInstagramに投稿した内容を再編集した物です。