るかの掃除術

〜ワンランク上の掃除術〜

【大掃除の必需品】高い場所のお掃除にはクイックルワイパーがオススメ!

f:id:ruka_net:20181208201749j:plain


クイックルワイパーハンディ 伸び縮みタイプ」を購入しました!

 

キッカケはトイレ掃除をしていた時です。

ふと壁を見たら、静電気でホコリがびっしりとついていました。。。

それから家中の壁を見渡した所、他も同じ状態でした。

 

手の届く場所ではないなと考えを巡らせていた時、この商品を思い出しました!

 

製品特徴。

伸び縮みタイプの特徴です。

 

長さは三段階まで調整出来る。 

長さは三段階まで調節出来ます。

f:id:ruka_net:20181208201744j:plain

最大でこんな感じです!

1メートル近く伸びますね。

 

角度は四段階変えられる。

角度は四段階まで変えられます。

エアコンの上や冷蔵庫の隙間など、掃除箇所に合った角度でお掃除出来ます!

f:id:ruka_net:20181210115822j:plain

 

収納時もコンパクトに折りたためます。

f:id:ruka_net:20181210115816j:plain

 

シートは通常のと共通で使える。

先端のハンディシートは、通常のハンディタイプと共有です。

別々に買わなくても良いので有り難いですね!

用途・使用上の注意。

公式サイトに掲載されている用途・使用上の注意は以下の通りです。

 

用途

 

住宅用
家具用
自動車車内用

 

使用上の注意

 

用途外に使わない。
軽くなでるようにふく。
ハンディシートは洗って使えない。
砂粒や硬いごみがハンディシートに付着した状態で使わない。(液晶画面や家具などを傷つける恐れがある。)
ハンディシートは吸水性がないので、ぬれた所には使わない。
表面がザラザラした所や、木のささくれた所には使わない。ハンディシートの繊維が抜けることがある。
車のボディには使わない。車の表面に付着した砂粒や硬いごみで傷がつく恐れがある。
電球など、高温になっている物は電源を切り、冷えた状態で使う。(高温時に使用すると、溶ける恐れがある。)

 静電気でホコリがとれにくくなることがあるので、テレビなどは電源を切ってから使う。
直射日光を避け高温の所に置かない。変色や変形する恐れがある。
白木、ビニール製の床・家具などの上に長期間置いたままにしない。変色する恐れがある。
使用する際、強い力でふいたり伸び縮みさせたり、振り回したりしない。力を入れすぎると道具が破損したり、柄が抜ける恐れがある。
道具が入らないすき間には無理に押し込まない。ハンディシートがはずれたり道具が破損することがある。はずれる場合は輪ゴムなどでしっかり固定する。

道具の先端部を下に向けて立てかけない。道具の先端が変形することがある。

 

転送元:花王株式会社 クイックルワイパー ハンディ 伸び縮みタイプ

 

お掃除開始。

結構ホコリが舞うので、マスク推奨です。

 

今回は壁を重点的に掃除しました。

 

トイレの壁。

f:id:ruka_net:20181208201739j:plain

 

トイレの電球。

f:id:ruka_net:20181208201734j:plain

 

脱衣所の壁。

f:id:ruka_net:20181208201904j:plain

 

洗面台の上。

f:id:ruka_net:20181208201852j:plain

 

玄関の上。

f:id:ruka_net:20181208201844j:plain

 

廊下の壁。

f:id:ruka_net:20181208201729j:plain

 

狭い所にも入っていく優れものです!

高い所のホコリも取れて壁がキレイになりました!

シートは二回交換しました。

 

使い方のコツ。

クイックルワイパー 伸び縮みタイプを使いながら感じた使い方のコツです。

 

長さはその都度変える。

あまり長くしすぎると手が疲れるので、長さを調節しながらやるといい感じでした。

 

シートは汚れたら交換する。

シートはケチらずに交換することをオススメします。

汚れてしまうと、ホコリを絡め取れなくなってしまうので、ホコリを移動させているだけになってしまうからです。

 

初めは掃除機をかける前に行う。

初めてやる時はホコリの量が多いため、掃除機とセットで行ったほうが良いです。

取り切れずに下に落ちていくホコリも多かったので。

なので、掃除機をかける前にやると良いですね!

 

これはオススメ!

気になっていたホコリが取れて気持ちもスッキリしました!

シートをたくさん使うのは、最初にやる時だけですから、2回目以降は1回交換するかどうか、ぐらいです。

高い所や狭い所は、クイックルワイパーのような物でないと掃除出来ないので、これが一本あればお掃除の幅がグッと広がりますね!

オススメです!

参考になれば幸いです。

 

※この記事は2018年4月にInstagramに投稿した内容を再編集した物です。