とことんそうじ

毎日を気持ち良く過ごす掃除術

とことんそうじ

【着色汚れ】排水口が黒くなっていたら、それはコーヒーかもしれません。

f:id:ruka_net:20190130132211j:plain

キッチンの排水口を見る度に思っていたこと。

 

「これはなんだろう。。。」

 

排水口が黒くなっているのです。

 

磨いてもビクともしないですし、色落ちしたのか、塗装が剥がれたのかと思っていました。

 

しかし!

 

その正体はコーヒーの「着色汚れ」だったのです!

 

コーヒーの着色。

それがこちらです。

f:id:ruka_net:20190127154209j:plain

 

とても着色には見えないですよね?

 

でも、着色だったのです。

 

何故気付けたかと言うと、排水口の掃除で「カビハイター」を使ったら、

 

少し落ちたからです。

 

最初は細菌かと思ったのですが、触ってもヌメリはないですし、カビとも違います。

なので、消去法で「着色」だと思いました。

 

飲み物の色の濃さと着色(茶渋)は比例する。

着色(茶渋)の正体は、お茶やコーヒーなどに含まれているポリフェノールです。

そして、飲み物の色の濃さとポリフェノールの含有量は比例します。

つまり、緑茶よりも紅茶、紅茶よりもコーヒーのほうが茶渋がつきやすいのです。

 

参考:手入れが肝心!お茶やコーヒーの茶渋の落とし方(オリーブオイルをひとまわし編集部)

 

我が家では、毎朝コーヒーを飲んでいます。

それが15年間も手入れをしていない場所だったら。。。

黒くなっていても不思議ではありませんね。

 

また、上の写真は「カビハイター」を使った後ですが、まだ部分的に黒い着色が残っています。

泡タイプだとやっぱりムラが出ちゃいますね。

キレイに落とすには、満遍なく行き渡る「漬け置き」がベストです。

 

ということで、今回は残りの着色を落としていきます!

 

お掃除スタート!

ビニール袋に、着色のついているパーツを入れます。

f:id:ruka_net:20190127154138j:plain

 

「キッチンハイター」を適量入れます。

f:id:ruka_net:20190127200737j:plain

 

5〜10倍の水を入れて薄めます。

f:id:ruka_net:20190127200719j:plain

 

こんな感じです。

f:id:ruka_net:20190127154400j:plain

 

汚れの範囲が広い場合は、全体が浸かるぐらい入れると効果的です。

 

袋を固結びして、1時間ほど放置します。

f:id:ruka_net:20190127154348j:plain

 

ちなみに、液体が黄色くなっているのは、ゴミ受けやパーツについていた油汚れです。

油汚れは酸性なのに対し、「キッチンハイター」アルカリ性なので、中和作用が働いて汚れが落ちています。

 

1時間後。

1時間漬け置きした結果がコチラです!

f:id:ruka_net:20190312202422j:plain

 

着色が全て落ちてピカピカになりました!

 

一緒に漬けておいたゴミ受けも。。。

f:id:ruka_net:20190127154513j:plain

 

ピカピカになりました!

 

ずっと気になっていたので、気持ちもスッキリしました。

 

終わりに。

着色と言えば、マグカップのイメージが強いですが、まさかこんな所にまでついていたとは。。。

 

もし、コーヒーをよく飲まれている方で、排水口が黒くなっていたら、それは着色かもしれません。

 

ちなみに、今回は「キッチンハイター」を使いましたが、塩素のニオイが苦手な方は、「酸素系漂白剤」でお試し下さい!

 

▽排水口の掃除方法はこちらの記事を参考にして下さい。

rukanet.hatenablog.jp

 

参考になれば幸いです。