とことんそうじ

毎日を気持ち良く過ごす掃除術

とことんそうじ

【まぜるな危険】食品でも発生する塩素ガス。安全な処分方法をご紹介!

f:id:ruka_net:20190330161358j:plain

皆さん、「まぜるな危険」表記のある洗剤はどう処分していますか?

 

もし、中身が残ったまま処分していたら、大変なことになるかもしれません。

 

今回は、丁度サンポールがなくなったので、その理由と、私が普段から行なっている安全な出し方をご紹介します!

 

まぜるな危険。

サンポールクエン酸などの「酸性」や、キッチンハイターなどの「塩素系」には、必ず「まぜるな危険」の表記があります。

f:id:ruka_net:20190330161319j:plain

 

理由は、「酸性」と「塩素系」が混ざると、有害な塩素ガスが発生してしまうからです。

この塩素ガスは、大量に吸引すると、死に至るほどの猛毒で、

実際に第一次世界大戦でも使われ、多くの死者を出したそうです。

 

 

なので、同時に使うのはもちろん、処分する際にも気を付けなくてはいけません。

 

ゴミ集積所で混ざる危険性。

私は、ゴミに出す時は必ず中身を水で洗ってから出しています。

 

理由は、近隣の家庭が「酸性」や「塩素系」をそのままゴミに出していたら、

ゴミ集積所で塩素ガスが発生する恐れがあるからです。

 

サンポールの安全な処分方法。

実際に、サンポールの安全な処分方法の一例をご紹介します。

(キッチンハイターやカビハイターも同様に処理しています。)

 

まず、黄色いキャップを外します。

f:id:ruka_net:20190330161307j:plain

 

中に水を入れて、

f:id:ruka_net:20190330161252j:plain

 

よく振ります。

f:id:ruka_net:20190330161241j:plain

 

中の水を捨てます。

f:id:ruka_net:20190330161230j:plain

 

これを、中身が水になるまで繰り返します。

 

洗い終わったら、市のルールに従ってゴミに出しています。

f:id:ruka_net:20190330161410j:plain

 

「酸性」であれば、塩素ガスは発生する。

塩素ガスの発生条件は、「酸性」と「塩素系」が混ざることです。

洗剤に限らず、塩素系が酸性の物と混ざれば、塩素ガスは発生します。

 

そして、「酸性」の物は、意外と身近にたくさんあります。

 

例えば、お酢です。

お掃除でよく紹介されているのは、お酢が酸性で、アルカリ性の汚れに効果があるからです。

 

他にも、クエン酸が含まれている「レモン」や「梅干し」も酸性です。

 

なので、お酢やレモンと一緒に塩素系を捨てるのは危険なのです。

 

こうした事故を防ぐためにも、私は中身を洗ってから処分しています。

 

塩素系のもの

 

次亜塩素酸ナトリウム」を含む洗剤
キッチンハイター
ハイター
キッチンブリーチ
カビキラー
カビハイター
キッチン泡ハイター
黒カビくん
塩素系の洗濯槽クリーナー
パイプクリーナー

 

など。

 

酸性のもの

 

酸性・弱酸性の洗剤
クエン酸
お酢
レモン
ライム
梅干し
キウイ
グレープフルーツ
オレンジ
いちご
青大豆
じゃがいも
パイナップル

 

など。

 

 

終わりに。

酸性洗剤と塩素系漂白剤は、日頃のお掃除でもよく使っており、お世話になっています。

 

しかし、塩素ガスは致死性のある恐ろしいガスなので、

安全第一で汚れと向き合っていきましょう!

 

 

▽「サンポール」はトイレ掃除にオススメです。

rukanet.hatenablog.jp

 

▽「塩素系漂白剤」は排水口の除菌にオススメです。

rukanet.hatenablog.jp

 

参考になれば幸いです。