とことんそうじ

毎日を気持ち良く過ごす掃除術

とことんそうじ

「ピンク汚れ」を楽に落としながら予防する方法。

f:id:ruka_net:20190607144033j:plain

今年も梅雨の時期になりました。

 

梅雨と言えばカビが繁殖しやすい時期ですが、

今回は、カビ以上によく見かける、「ピンク汚れ」についてです。

 

このピンク汚れって、実はカビじゃないって知っていましたか?

 

今回は、ピンク汚れをに落としながら、同時に予防も出来る方法をご紹介します!

 

ピンク汚れの正体。

ピンク汚れは、「ピンクカビ」とも呼ばれたりしますが、

正式名称は、「ロドトルラ」と言う酵母です。

 

カビと違って水だけで繁殖し、 繁殖のスピードも速いので、完全に防ぐのは困難です。

 

触るとヌルヌルしていて、擦れば落とすことが出来ますが、

少しでも残っているとまたすぐに発生するので、きちんと除菌するのがオススメです。

 

ピンク汚れの発生しやすい箇所。

ピンク汚れを2箇所で発見しました。

 

浴室コーキングの角と、

f:id:ruka_net:20190525020106j:plain

 

フタの溝です。

f:id:ruka_net:20190525020107j:plain

 

このように、水の残りやすい角隙間によく発生します。

 

除菌スタート!

ピンク汚れは、バスクリーナーでも落とすことが出来ますが、

「カビハイター」などの塩素系漂白剤を使えば、擦らずに落とすことが出来ます。

ついでに予防にもなるのでオススメです!

 

※換気とゴム手袋を忘れずに。

 

今回は、予防も兼ねて、発生しやすい箇所を除菌したので、参考にして下さい。

 

バスタブのコーキング。

f:id:ruka_net:20190525020108j:plain

 

f:id:ruka_net:20190525020109j:plain

 

f:id:ruka_net:20190525020110j:plain

 

水洗の裏。

f:id:ruka_net:20190525020111j:plain

 

フタの溝。

f:id:ruka_net:20190525020113j:plain

 

f:id:ruka_net:20190525020114j:plain

 

壁のコーキング。

f:id:ruka_net:20190525020112j:plain

 

バスタブエプロンの溝。

f:id:ruka_net:20190525020115j:plain

 

他にも、鏡の下なども発生しやすい箇所です。

 

この状態で30分ほど放置します。

 

また、一度にたくさんの箇所を除菌すると、誤って衣服について色落ちする可能性があるので、注意して下さい。

 

排水口の除菌。

ついでに排水口も除菌しておきました。

 

パーツを取り外すと、こちらにもピンク汚れがありました。

f:id:ruka_net:20190525020116j:plain

 

パーツ全てにスプレーをします。

f:id:ruka_net:20190525020117j:plain

 

中もスプレーをします。

f:id:ruka_net:20190525020118j:plain

 

こちらも30分ほど放置します。

 

30分後。

シャワーでよく洗い流せば終了です!

f:id:ruka_net:20190525020121j:plain

 

ピンク汚れも落ちて、キレイになりました。

f:id:ruka_net:20190525020122j:plain

 

f:id:ruka_net:20190525020123j:plain

 

f:id:ruka_net:20190525020124j:plain

 

「混ぜるな危険」の処分方法。

今回で「混ぜるな危険」のカビハイターがなくなったので、

しっかり洗って処分しました。

f:id:ruka_net:20190525020120j:plain

 

rukanet.hatenablog.jp

 

終わりに。

今回はピンク汚れの落とし方と予防について書きました。

 

「黒カビ」の予防には、「防カビくん煙剤」がオススメです!

rukanet.hatenablog.jp

 

参考になれば幸いです。