とことんそうじ

毎日を気持ち良く過ごす掃除術

とことんそうじ

【殺菌力で選ぶ】梅雨時の洗濯槽洗浄は塩素系がおすすめ!

f:id:ruka_net:20190620140945j:plain

塩素系漂白剤で、「洗濯槽」を洗浄しました!

 

普段は酸素系を使っているのですが、梅雨時はカビが気になるので、殺菌力の高い塩素系を使いました。

 

酸素系での洗浄方法は以前投稿したので、

今回は塩素系での洗浄方法をご紹介します!

 

洗たく槽カビキラー。

今回使った物はこちら!

「洗たく槽カビキラー(塩素系)」です。

f:id:ruka_net:20190620140932j:plain

 

塩素系でレビューの良かったこちらを購入しました。

 

洗浄スタート!

まず、糸くずフィルターを取り外します。

f:id:ruka_net:20190620140912j:plain

 

取り付けたままでも良いのですが、

糸くずフィルターにゴミがつくのが嫌なので、私は外して行っています。

 

「槽洗浄」コースを選択して、スタートを押します。

f:id:ruka_net:20190620140922j:plain

 

※酸素系は40度以上のお湯で行ったほうが効果的ですが、塩素系はお湯だと飛んでしまうので、水で行います。

 

水が貯まり、ピー!という音がしたら、フタのロックが解除されるので、

「洗たく槽カビキラー」を全て入れます。

f:id:ruka_net:20190620140945j:plain

 

後はフタをすれば、全て自動でやってくれます。

f:id:ruka_net:20190620140955j:plain

 

「槽洗浄」コースにかかる時間は、機種によって違いますが、

我が家のは12時間もかかります。

お昼に行っても、終わるのは夜中です。

 

出来れば半日ぐらいは浸けておきたいので、あまり短い場合は、手動で行ったほうが良いと思います。

 

塩素系の処分。

「洗たく槽カビキラー」は塩素系なので、しっかり中身を洗って処分します。

f:id:ruka_net:20190620141005j:plain

 

rukanet.hatenablog.jp

 

糸くずフィルターの除菌。

続いて糸くずフィルターを除菌します。

 

下にラップを敷いて、糸くずフィルダーを置きます。

f:id:ruka_net:20190620141016j:plain

 

「カビハイター」を全体にスプレーします。

f:id:ruka_net:20190620141027j:plain

 

上からラップをして密閉します。

f:id:ruka_net:20190620141050j:plain

 

もうひとつの糸くずフィルターも同じように行い、30分ほど放置します。

f:id:ruka_net:20190620141038j:plain

 

30分後。

水でよく洗い流します。

f:id:ruka_net:20190620141101j:plain

 

乾拭きをして、

f:id:ruka_net:20190620141112j:plain

 

風通しの良い所で、自然乾燥させます。

f:id:ruka_net:20190620141124j:plain

 

洗浄中の様子。

洗浄中の中の様子です。

f:id:ruka_net:20190620141138j:plain

 

少し汚れが浮いているのですが、写真だと分かりにくいですね。

ただ、塩素系はカビやその原因菌を分解するので、酸素系のようにカビが浮いてくることはありません。

 

ちなみに、塩素臭がほぼなかったことも嬉しかったです。

主成分である次亜塩素酸ナトリウムのそれ自体は、そこまで臭いません。

汚れと反応することで、塩素臭を放出するのです。

 

なので、洗濯槽はそこまで汚れていなかったということです!

 

 

12時間後。

やっと槽洗浄が終わりました。

 

槽洗浄が終わったら、洗濯槽の中を乾拭きします。

ゴミが残っていたら、取り除きます。

f:id:ruka_net:20190620141150j:plain

 

洗剤ケースも乾拭きをして、風通しの良い所で自然乾燥させます。

f:id:ruka_net:20190620141201j:plain

 

これで塩素系を使った洗濯槽の洗浄は終了です!

 

終わりに。

酸素系と違って、まったく手間がかからないから楽でした。

お湯でやる必要もないですし、浮いてきた汚れを取り除く作業もありません。

 

ただ、カビが頑固になって洗濯槽に張り付いている状態だと、塩素系では分解しきれないことがあります。

 

半年以上行っていない方は、季節に関わらず、汚れを浮かせて落とす酸素系がオススメです!

 

rukanet.hatenablog.jp

洗たく槽カビキラー(塩素系)

 

品名:洗たく槽カビキラー(塩素系)
用途:全自動洗濯機、乾燥機能付き全自動洗濯機、ドラム式洗濯機、二槽式洗濯機の洗濯槽の洗浄(ステンレス槽/プラスチック槽両用)
成分:水(溶剤)、次亜塩素酸塩(酸化剤)、水酸化ナトリウム(アルカリ剤)、アルキルスルホン酸ナトリウム(界面活性剤)、アルキルアミンオキシド(界面活性剤)、アルキル硫酸エステルナトリウム(界面活性剤)、けい酸塩(防錆剤
液性:アルカリ性
正味量:550g
使用量の目安:9kgサイズまでの洗濯機:1袋(550g全量)

 

参考になれば幸いです。