とことんそうじ

毎日を気持ち良く過ごす掃除術

とことんそうじ

「茂木和哉バスタブ用」でも洗面台をピカピカに出来るのか?

f:id:ruka_net:20190622040248j:plain

「茂木和哉バスタブ用」で洗面台を磨きました!

 

洗面台は陶器なので、「バスタブ用」よりは「茂木和哉」のほうが向いています。

 

また、樹脂製のバスタブにも使えるように、研磨剤も小さくなっています。

 

そんなバスタブ用でも、洗面台をピカピカにすることは出来るのか?

 

結果から言うと、問題なくピカピカに出来ました!

 

汚れの状態。

こちらが掃除前の洗面台です。

f:id:ruka_net:20190629143201j:plain

 

写真だと分かりにくいですが、

化粧品皮脂などの汚れが目立つようになって来ました。

 

下準備。

洗面台が濡れている場合は、乾拭きをしてから行うと、研磨剤がうまく働きます。

f:id:ruka_net:20190622040118j:plain

 

洗浄スタート!

まずは、排水口の周りについた水垢から落とします。

f:id:ruka_net:20190622040451j:plain

 

ここは結構水垢が付きやすいです。

 

ここの水垢は落とすのが難しいので、「万能おそうじスティック」を使います。

f:id:ruka_net:20190705132823j:plain

 

水垢を削ったりするのに使えそうだなと思い、ネットで購入しました。

カットしたキャッシュカードなどでも代用出来ます。

 

あまり力を加えずに、撫でるようにやるだけで落ちます。

f:id:ruka_net:20190622040128j:plain

全体を磨く。

排水口周りが終わったら、バスタブ用を使って全体を磨いていきます。

 

バスタブ用を全体にかけます。

f:id:ruka_net:20190622040138j:plain

 

そうしたら、茂木和哉の相棒「超人たわしZ」で、

f:id:ruka_net:20190622040147j:plain

 

磨いていきます。

f:id:ruka_net:20190622040158j:plain

 

rukanet.hatenablog.jp

 

バスタブ用を足しながら、全体を磨きます。

f:id:ruka_net:20190622040209j:plain

 

ザラザラヌルヌルしていた感触が取れたら、汚れが落ちた証拠です。

 

よく洗い流す。

磨き終わったら、洗浄液を洗い流します。

 

少し水を貯めて、

f:id:ruka_net:20190622040219j:plain

 

水と超人たわしZを使いながら、洗浄液を落としていきます。

f:id:ruka_net:20190622040229j:plain

 

洗浄液が少しでも残っていると、白い跡になってしまいますが、

同じようにもう一度洗い流せば、キレイに落ちるので大丈夫です。

 

最後に乾拭きをしたら、終了です!

f:id:ruka_net:20190622040238j:plain

 

磨いた結果がこちらです!

f:id:ruka_net:20190622040248j:plain

 

ピカピカになりました!

 

ビフォー&アフター。

ビフォー&アフターです。

f:id:ruka_net:20190622040352j:plain

 

f:id:ruka_net:20190622040404j:plain

 

 

f:id:ruka_net:20190622040416j:plain

 

f:id:ruka_net:20190622040428j:plain

 

 

もう一箇所の洗面台も、同じように磨きました!

f:id:ruka_net:20190622040328j:plain

 

f:id:ruka_net:20190622040340j:plain

 

終わりに。

「バスタブ用」でも、このぐらいならピカピカに出来ちゃいます。

 

私みたいに、

「バスタブ用を買ったけど余っている」

なんて方は、是非お試し下さい!

rukanet.hatenablog.jp

 

rukanet.hatenablog.jp

 

参考になれば幸いです。