とことんそうじ

毎日を気持ち良く過ごす掃除術

とことんそうじ

【必見】浴室のコーキングをキレイに仕上げるコツ。

f:id:ruka_net:20200130200531j:plain

浴室のコーキングの打ち直しをしました!

 

普段カビが生えない場所からカビが生えていて、よく見たらコーキングがなくなっていました。

 

コーキングの打ち直しというと、素人には難しいように思えますが、

ちょっとしたことで、簡単に、それもプロと遜色のない仕上がりになります!

 

今回は、初心者でも失敗しない打ち直しの手順をご紹介します!

 

参考にした動画。

今回コーキングの打ち直しをするに辺り、こちらの動画を参考にさせて頂きました。


浴室ドアの隙間掃除とコーキング剤「バスボンドQ」で汚れ予防!【茂木和哉解説】

 

コーキングの状態。

コーキングがなくなってしまった箇所は、壁と床の隙間です。

f:id:ruka_net:20200130200543p:plain

 

カビは、事前に「カビハイター」で退治しておきました。

用意するもの。

水回り用コーキング剤。

マスキングテープ。

カッター。

下準備。

まだ古いコーキングが少し残っていたので、カッターで取り除きました。

f:id:ruka_net:20200130200607j:plain

 

古いコーキングが残っていると、その部分がダマになったりするので、しっかり取り除きます。

 

ただ、すでに痩せて役目を果たしていないコーキングは簡単に取れるのですが、

まだコーキングが生きてる場合は、弾力があって、カッターの刃が負けてしまいます。

 

コーキングの状態によって、打ち直すか、上塗り補修にするか、決めると良いと思います。

 

マスキングテープで養生をする。

古いコーキングを切り取ったら、マスキングテープで養生をします。

f:id:ruka_net:20200130200408j:plain

 

幅があるものだと、少しコーキング剤がはみ出ても安心です。

f:id:ruka_net:20200130200419j:plain

 

そして。

 

このマスキングテープが全てと言っても過言ではありません。

ズレていれば、仕上がりもそのようになってしまうからです。

 

ここだけ難しい作業ですが、マスキングテープを少しずつ出しながら貼っていくのが、上手くいくコツみたいです。

 

打ち直しスタート!

養生が終わったら、「コーキング剤」を使っていきます。

f:id:ruka_net:20200130200431j:plain

 

「コーキング剤」にも色々ありますが、

水回りには、耐水性に優れた「シリコンコーク」が良いようです。

 

 

その中でも、評価が高かった「バスバンドQ」をチョイス。

上手く塗るコツ。

茂木さんの動画で知ったのですが、

付属のヘラなどは使わずに、指でやるとキレイに仕上がるそうです。

 

指先を濡らして、

f:id:ruka_net:20200130200620j:plain

 

コーキング剤を指に取り、

f:id:ruka_net:20200130200443j:plain

 

指で塗っていきます。

f:id:ruka_net:20200130200634j:plain

 

確かに、指先の感覚でどのぐらい塗れているかが分かります。

 

指についたコーキング剤は、ティッシュで拭けば簡単に落ちます。

 

10分ほどで塗り終わりました。

f:id:ruka_net:20200130200454j:plain

 

仕上げ。

そうしたら、最後の仕上げです。

 

指先を立てて、余分なコーキング剤を取ります。

f:id:ruka_net:20200209045904j:plain

 

次に、指の腹でならします。

f:id:ruka_net:20200209045917j:plain

 

終わったら、マスキングテープを剥がして、終了です!

f:id:ruka_net:20200130200503j:plain

 

打ち直しの結果。

打ち直した結果がこちらです。

f:id:ruka_net:20200130200516j:plain

 

f:id:ruka_net:20200130200531j:plain

 

想像よりも上手く出来ました!

 

また、コーキングには防カビ剤が入っているので、しばらくはカビが生えることもありません。

 

慣れると結構簡単なので、是非挑戦してみて下さい!

 

rukanet.hatenablog.jp

 

参考になれば幸いです。