とことんそうじ

毎日を気持ち良く過ごす掃除術

とことんそうじ

【4工程】シンク隙間のコーキングの打ち直し。

f:id:ruka_net:20200304175239j:plain

我が家のシンクは、天板との間に隙間があるのですが、

掃除が大変なので、コーキングで埋めることにしました。

 

今回は、4工程でコーキングの打ち直しをしたので、その手順をご紹介します!

 

シンクの隙間。

今回コーキングで埋める隙間がこちらです。

f:id:ruka_net:20200220145818j:plain

 

この奥に古いコーキングがあるのですが、

今回はギリギリまでコーキングで埋めます。

 

用意するもの。

水回り用コーキング剤。

マスキングテープ。

カッター。

作業スタート!

f:id:ruka_net:20200314154734j:plain

 

工程1:隙間を掃除する。

事前に、隙間の汚れを掃除しておきます。

 

カビが生えていたら「カビ取り剤」を。

特に汚れがなければ、「洗剤」で洗います。

 

rukanet.hatenablog.jp  

 

工程2:古いコーキングを切る。

カッターで古いコーキングを切ります。

f:id:ruka_net:20200229145502j:plain

 

rukanet.hatenablog.jp

 

工程3:マスキングテープを貼る。

隙間の上下をマスキングテープで養生します。

f:id:ruka_net:20200304151306j:plain

 

マスキングテープが全てと言っても過言ではないので、

真っ直ぐになるよう、時間をかけてゆっくり行います。

f:id:ruka_net:20200304151248j:plain

 

工程4:コーキング剤を塗る。

コーキングは、ヘラなどは使わずに、指でやるとうまくいきます。

 

濡らした指「水回り用コーキング剤」をつけて、

f:id:ruka_net:20200304152935j:plain

 

で塗っていきます。

f:id:ruka_net:20200304152959j:plain

 

塗り終わったら、指先でならします。

f:id:ruka_net:20200304160801j:plain

 

最後に、指の腹でならします。

f:id:ruka_net:20200304160826j:plain

 

終わったら、マスキングテープを剥がします。

f:id:ruka_net:20200304161615j:plain

 

打ち直した結果。

コーキングを打ち直した結果がこちらです!

f:id:ruka_net:20200305152946j:plain

 

f:id:ruka_net:20200305153028j:plain

 

f:id:ruka_net:20200305153258j:plain

 

f:id:ruka_net:20200305153324j:plain

 

隙間を全て埋めたので、これでもう掃除をしなくて済みます!

 

コーキングの拭き取り。

コーキングがマスキングテープからはみ出てしまった部分は、

「シール剥がし」を使うと、キレイに拭き取れます。

f:id:ruka_net:20200304171020j:plain

 

これで、コーキングの打ち直しは終了です!

 

rukanet.hatenablog.jp

 

rukanet.hatenablog.jp

 

rukanet.hatenablog.jp

 

参考になれば幸いです。