とことんそうじ

毎日を気持ち良く過ごす掃除術

とことんそうじ

【研磨】超頑固な黒筋を落として、トイレを新品に蘇らせる方法。

f:id:ruka_net:20200711014107j:plain

我が家のトイレには、どうやっても落ちない黒筋がありました。

 

表面を触るとザラザラしているので、水垢だとは思います。

 

しかし、プロの方に相談したり、試せるだけのことは試しましたが、どんな洗剤でもビクともしませんでした。

 

洗剤で落ちないとなると、物理的に削り落とすしかありません。

 

トイレは陶器です。

陶器であるなら磨き直すことが出来るはずです。

 

そう思い、トライした所。。。

 

見事、超頑固な黒筋を落とし、トイレを蘇らせることに成功しました!

 

今回は、その手順をご紹介します!

 

超頑固な黒筋。

そのトイレがこちらです。

f:id:ruka_net:20200711014311j:plain

 

全体的に黒ずんでいて、奥には超頑固な黒筋があります。

f:id:ruka_net:20200724204435j:plain

 

うちの地域の水質は、中硬水です。

地下水を使用しているので、このような特殊な水垢が付きやすいそうです。

 

物理的に削る。

まず、手持ちの「スポンジ研磨剤」を使って磨いてみました。

f:id:ruka_net:20200711013858j:plain

 

削る時は、傷のリスクを抑えるために目の細かい番手から試していきます。

 

しかし、最も荒い#120でも、完全に落とすことは出来ませんでした。

f:id:ruka_net:20200711013911j:plain

 

洗面台の特殊な水垢をも落とした代物なのですが。。。

 

rukanet.hatenablog.jp

 

ただ、薄くはなったので、方向性は合っていたと思います。

 

さらなる物を求めて。

その後、#120よりも荒くて良さそうなものを探した所、

ようやく見つけたのが、3Mの「スーパーがんこ」です。

f:id:ruka_net:20200711013924j:plain

効果があったのは、「ケレン用」でした。

f:id:ruka_net:20200711014336j:plain

 

使いやすいように、カッターで半分にカットしています。

 

水で濡らしながら少し磨いた所、超頑固だった黒筋が落ちていきました!

f:id:ruka_net:20200711013934j:plain

 

これで、ようやくトイレの研磨をスタート出来ます!

 

トイレの研磨スタート!

f:id:ruka_net:20200711014152j:plain

工程1。

まず、簡単にトイレ掃除を済ませておきます。

私は「トイレクイックルを使用しました。

工程2。

「スーパーがんこ」を使って、黒筋を落としていきます。

 

乾いた状態で使用すると、深い傷がつく恐れがあるので、

必ず水で濡らしながら使用します。

 

側面や角を使って擦ると、より効果的でした。

f:id:ruka_net:20200711182706j:plain

 

写真では素手でやっていますが、終わった後に皮膚がボロボロになったので、ゴム手袋必須です。 

 

途中からはサンポールも併用しました。

f:id:ruka_net:20200724204447j:plain

 

サンポールを併用すると、洗剤の力も借りつつ、潤滑油にもなるので、最初から併用することをおすすめします。

 
「スーパーがんこ」と「サンポール」で磨いた結果。

15分ほど磨いた結果がこちらです!

f:id:ruka_net:20200711014022j:plain

 

超頑固だった黒筋が落ちました!

 

便器全体を触ってみると、ツルツルしていて、陶器本来の質感が蘇った感じです。

f:id:ruka_net:20200711014009j:plain

 

これで見た目はキレイになったのですが、

便器の表面には目に見えない傷がたくさんついています。

 

このままだと汚れが付着しやすくなってしまうので、

次からはその傷を消していく工程になります。

 

工程3。

5種類の「スポンジ研磨剤」を使って、スーパーがんこの傷を少しずつ小さくしていきます。

f:id:ruka_net:20200711014403j:plain

スーパーがんこが#60相当だったので、#120相当のミディアムから使用します。

f:id:ruka_net:20200711014044j:plain

 

こちらも濡らしながら使用します。

 

使いやすいように、1/4にカットしています。

f:id:ruka_net:20200711014033j:plain

 

5分ほど全体を磨いたら終了。

 

次は、#240相当のファインですが、番手を変える時は、必ず水を流します。

f:id:ruka_net:20200711014415j:plain

 

前の番手の粒子が表面に残っているからです。

 

各番手5分を目安に、#1200相当のマイクロファインまで磨き終えました。

f:id:ruka_net:20200724204515j:plain

 

この時点で、大分ツヤが出て来ました。

 

次からは、電動工具の力を借りて仕上げの工程に移ります。

 

工程4。

ここからは秘密兵器のポリッシャーを使用します。

f:id:ruka_net:20200711014428j:plain

 

rukanet.hatenablog.jp

パッド台と白パッドのサイズは4インチです。

清掃用品のサイトで購入しました。

 

使用する研磨剤は「茂木和哉」です。

f:id:ruka_net:20200724204501j:plain

茂木和哉とポリッシャーの力で表面を整えていきますが、

ここはクリームクレンザーでも代用出来るかと思います。

 

白パッドに茂木和哉をつけます。

f:id:ruka_net:20200711182646j:plain

 

この量ではぜんぜん足らなかったので、この倍は使いました。

 

ポリッシャーで便器全体を磨いていきます。

f:id:ruka_net:20200711014056j:plain

 

ちなみに、ダイヤルは低速の「1」でやりました。

f:id:ruka_net:20200711014107j:plain

 

全体を磨き終えたら、1回水で流して、茂木和哉を拭き取ります。

f:id:ruka_net:20200711014457j:plain

 

使用した白パッドも、一度水で洗います。

f:id:ruka_net:20200711014512j:plain

 

次が最後の工程です。

 

工程5。

最後に、「超微粒子コンパウンドで仕上げます。

f:id:ruka_net:20200711014525j:plain

要領は茂木和哉の時と同じです。

f:id:ruka_net:20200711014118j:plain

 

磨き終えたら、水で流して、コンパウンドを拭き取ります。

f:id:ruka_net:20200711014129j:plain

 

これで作業は終了です!

 

磨き直した結果。

そうして磨いた結果がこちらです!

f:id:ruka_net:20200711014203j:plain

 

とても同じトイレとは思えないほど、ツルツルのピカピカに仕上がりました!

コーティング剤は使用していません。

 

大変な労力でしたが、それに見合った結果が得られました!

 

よく見ると、右上に少し黒ずみが残っていましたが。。。

f:id:ruka_net:20200711182658j:plain

 

表面を触ってもツルツルしているので、おそらく経年劣化による変色だと思います。

こればかりは仕方ないですね。

 

ビフォー&アフター。

今回のビフォー&アフターです。

f:id:ruka_net:20200711014228j:plain

 

f:id:ruka_net:20200711014243j:plain 

 

f:id:ruka_net:20200711014215j:plain

 

f:id:ruka_net:20200711014258j:plain

 

このトイレの研磨をしてから1ヶ月が経ちましたが、

未だに汚れはなく、写真と同等の輝きを放っています。

 

つまり、傷を消し、表面を整えることに成功したということです!

初めてだったのですごく嬉しいです!

 

終わりに。

本記事で使用している「スーパーがんこ」ですが、

これは我が家の黒筋が超頑固だったから使用しただけで、

全てのトイレの研磨に推奨する物ではありません。

その次に使用している#120ですら、滅多に使われないほどの粗目です。

 

基本的に、研磨は最終手段です。

傷のリスクもありますし、時間も労力もかかります。

 

まずは、汚れにあった洗剤から試してみて下さい。

 

水垢と尿石にはサンポール

rukanet.hatenablog.jp

 

黒ずみには「カビ取り剤」

rukanet.hatenablog.jp

 

それでも落ちない汚れがあった時に、研磨を考えます。

 

おすすめは「茂木和哉」シリーズです。

rukanet.hatenablog.jp

 

トイレの状態は各ご家庭によって違うので、リスクの少ない方法からお試し下さい!

 

参考になれば幸いです。