とことんそうじ

毎日を気持ち良く過ごす掃除術

とことんそうじ

【FRP】樹脂製の浴室についた頑固なウロコの落とし方。

f:id:ruka_net:20210115025831j:plain

我が家のお風呂のカウンターには、ガチガチに硬い水垢がついています。

 

しかも、カウンターの素材が樹脂製なので、

安易に擦ると傷がついてしまいます。

 

今回は、そんな樹脂製についた水垢の落とし方を、Step毎にご紹介します!

 

 

 

はじめに。

浴室には、水垢皮脂汚れ金属石けん酸性石けんカビなど、複数の汚れが混在しています。


水垢と石けんカスが混ざっていることも多いため、

「水垢だけ」を落とそうとすると、他の汚れが邪魔をして、うまく落ちないことがあります。


なので、今ある汚れを「水垢だけ」にするために、

普段使っているバスクリーナー」で1回掃除をしてから、本ページを読み進めて下さい。

 

水垢の状態。

我が家の浴室のカウンターです。

f:id:ruka_net:20210115030625j:plain

 

ガチガチな水垢がこちら。

f:id:ruka_net:20210115025855j:plain

 

ここまでガチガチだと、洗剤が浸透していかないので、

擦りながら落としていく作業になります。

 

Step1. 茂木和哉 キッチン用。

まずは、「茂木和哉 キッチン用」試します。

f:id:ruka_net:20210115025922j:plain

 

「茂木和哉」シリーズの中では、唯一プラスチックにも使える優れものです。

 

「超人たわしZ」で擦りながら塗り広げます。

f:id:ruka_net:20210115025908j:plain

 

 

乾かないようにラップをして、30分ほど放置します。

f:id:ruka_net:20210115030005j:plain

 

「キッチン用」は、ただのクレンザーではなく、水垢に有効な成分が配合されているので、

擦った後に放置すると、水垢が柔らかくなります。

 

30分経ったら、もう一度擦ります。

f:id:ruka_net:20210115030020j:plain

 

これで水垢が落ちれば、作業終了です!

落ちなかった場合は、Step2へ。

 

Step2. 業務用の酸性洗剤。

次は、「業務用の酸性洗剤」を使います。

f:id:ruka_net:20210118033457j:plain

 

今回使うのは、純閃堂「SIVA」という洗剤です。

 

私は、割とマイルドな「リン酸」がベースのものを好んで使っていますが、

現在では塩酸ベースに変更されたので、希釈して使用し、金属にかからないように注意して下さい。

 

3つの注意事項。

業務用は洗浄力が高いので、3つの注意事項があります。

 

換気をする。

f:id:ruka_net:20210115030238j:plain

 

ゴム手袋をする。

f:id:ruka_net:20210115030115j:plain

 

水養生をする。

f:id:ruka_net:20210115030102j:plain

 

予め水をかけておくことで、簡易的にバリアのような働きをし、「酸焼け」を防ぐ効果があります。

 

その他、「取扱説明書」に従って使用します。

 

酸性洗剤を水垢につけます。

f:id:ruka_net:20210115025615j:plain

 

スポンジで擦りながら塗り広げていきます。

f:id:ruka_net:20210115030251j:plain

 

1分ほど放置します。

f:id:ruka_net:20210115030128j:plain

 

1分経ったら、再度擦ります。

f:id:ruka_net:20210115030340j:plain

 

「プラスチック製のヘラ」なども併用すると効果的です。

f:id:ruka_net:20210115192646j:plain

洗剤で水垢を柔らかくしながら、削り取る作戦です。

 

スポンジは、傷をつけない程度に研磨力のあるものがおすすめです。

塗布してから5〜10分経ったら、一度水で流します。

f:id:ruka_net:20210115030141j:plain

 

長時間放置すると、材質を痛めたり、酸焼けする恐れがあるからです。

(放置時間は洗剤によって異なるので、メーカーに問い合わせてみて下さい。)

 

この作業を繰り返して、水垢が落ちたら終了です!

これでも落ちなかった場合は、Step3へ。

 

Step3. ポリッシャーで磨く。

※ここからは無傷で落とすのが困難になります。

 

クレンザーでも洗剤でも落ちないとなると、次は機械の力を借ります。

f:id:ruka_net:20210117010109j:plain

先端には、4インチ(100mm)のパッド台をつけています。

f:id:ruka_net:20210117010149j:plain

このサイズだと、トイレや洗面台も磨きやすいです。

 

裏面はマジックテープになっています。

f:id:ruka_net:20210118033030j:plain

 

「ポリッシュパッド」を水で濡らして、

f:id:ruka_net:20210115025639j:plain

 

水が垂れない程度まで、水を切ります。

f:id:ruka_net:20210115025652j:plain

 

この「ポリッシュパッド」は、車磨きに使う「バフ」とは違い、ナイロン不織布を円形にしたものです。

 

これ自体に研磨力はありません。

 

パッド台と合わせて、「エムエフワン」という清掃用品のサイトで購入しました。

 

クレンザーには、Step1と同じ「茂木和哉 キッチン用」を使います。

f:id:ruka_net:20210115025626j:plain

車用のコンパウンドでは、ガチガチに硬い水垢は落とせないからです。

 

全体に塗り広げたら、

f:id:ruka_net:20210115030047j:plain

 

ポリッシャーで磨いていきます。

f:id:ruka_net:20210115030225j:plain

 

速度は、ダイヤル1の「低速」です。

 

速度を上げると、磨きすぎてしまうので注意。

 

「キッチン用」は、すぐに乾いてしまうので、乾いたら少し水を足します。

f:id:ruka_net:20210115030211j:plain

 

元々、「茂木和哉」シリーズは、ポリッシャーで使うことを想定していないので、実は不向きです。

ですが、手で磨くよりも、確実に効果があることを実感しています。

 

 

これで落ちた場合は、Step5へ。

落ちなかった場合は、Step4へ。

 

Step4. スポンジ研磨剤。

ここまでやれば、大抵の水垢は落ちたと思いますが、最終兵器もご紹介します。

 

「スポンジ研磨剤」です。

f:id:ruka_net:20210118032942j:plain

 

全部で5種類あって、耐水ペーパーよりも傷がつきにくいのが特徴です。

 

これを、上で紹介した「業務用の酸性洗剤」と合わせて使います。

力を入れて擦ると、当然傷がつくので、表面を撫でるように使います。

 

ただ、出来れば、使うのは#600〜800相当「ウルトラファイン」までにしたいです。

f:id:ruka_net:20210118032929j:plain

理由は、水垢落とし終了。へ。

 

水垢落とし終了。

今回は、Step3のポリッシャーで、ガチガチの水垢を落とすことが出来ました!

f:id:ruka_net:20210115030804j:plain

 

あれ?傷ついてない?と思いますよね!?

 

実は、これ傷ではないんです。

 

FRPとは?

全国の浴室に使われているプラスチックは、ほぼFRPと呼ばれるものです。

 

FRPとは、樹脂ガラス繊維混ぜ合わせた物で、その上から、塗装コーティングがされています。

つまり、「層」になっているんです。

 

なので、上のクリア層を削ってしまうと。。。

 

このように、中のガラス繊維が浮き出てしまうのです。

f:id:ruka_net:20210115030611j:plain

 

こうなった理由は、

前に、荒目のスポンジ研磨剤を使ってしまったからです。

f:id:ruka_net:20210115031959j:plain

 

f:id:ruka_net:20210115025945j:plain

 

Step4で、「使うのは#600〜800相当のウルトラファインまで」と書いたのはこれが理由です。

 

目の荒いもので擦れば、ガチガチの水垢も落とせますが、

代わりに、クリア層を削ってしまったり、深い傷が入ってしまいます。

 

どこで線引きをするかです。

 

クリア層を削ってしまったら?

削ったクリア層を元に戻すには、「再塗装」しかありません。

 

表面を触ってもツルツルですが、保護されていない状態なので、

このまま使用を続けると、また頑固な水垢がついてしまいます。

 

そこで必要になるのが、Step5です。

 

Step5. コンパウンドで磨く。

「Step3」or「Step4」で水垢を落とした場合、少なからず磨き傷が残ります。

 

その傷を小さくするために、ポリッシャーを使います。
f:id:ruka_net:20210115025705j:plain

 

パッド台は、Step3とは違い、150mmの物を使用します。

使用するコンパウンド3種類です。

f:id:ruka_net:20210115030326j:plain

 

左から、極細目、超微粒子、艶出し用です。

 

バフ2種類です。

f:id:ruka_net:20210118032911j:plain

 

仕上げの工程なので、車と同じバフ+コンパウンドの組み合わせで磨きます。

 

ちなみに、バフは濡らさず乾いた状態で使用します。

 

まずは、「ハード・1」「テーパーバフハードスポンジ」で表面を整えます。

f:id:ruka_net:20210118032826j:plain

バフにコンパウンドをつけて、

f:id:ruka_net:20210115025735j:plain

 

ダイヤル1の「低速」で磨いていきます。

f:id:ruka_net:20210115025723j:plain

 

磨き終わったら、水拭きをして、

f:id:ruka_net:20210115030311j:plain

 

乾拭きをします。

f:id:ruka_net:20210115030404j:plain

 

「ハード・1」終了。

f:id:ruka_net:20210115030458j:plain

 

小傷が薄くなっているのですが、分かりにくいですね。

 

次は、「ハード・2」「ポリシングスポンジ」の組み合わせです。

f:id:ruka_net:20210118032840j:plain

「ハード・2」終了。

f:id:ruka_net:20210115030445j:plain

 

さらに小傷が消え、ツヤが出て来ました!

 

最後は、「ウルトラフィーナ グロスアップ」「ポリシングスポンジ」でツヤを出します。

f:id:ruka_net:20210118032856j:plain

 

使うバフは「ハード・2」と同じですが、

ハード・2のコンパウンドがついているため、使い回しは出来ません。

同じバフをもう一つ用意します。

グロスアップ」は、少量でもよく伸びるそうなので、少しだけつけます。

f:id:ruka_net:20210115030512j:plain

 

グロスアップ」終了。

f:id:ruka_net:20210115030654j:plain

 

表面が整って、さらにツヤが出ました!

 

最後にシャワーでよく流したら終了です。

f:id:ruka_net:20210115030733j:plain

 

3種類ものコンパウンドを揃えるのが大変という場合は、「ハード・2」だけでも近い仕上がりになるかと思います。

バフは、ぬるま湯で洗った後、風通しの良い場所で乾かします。

f:id:ruka_net:20210116160117j:plain

 

ポリッシャーを使うコツ。

私なりに感じたポリッシャーのコツを書いておきます。

 

まず、方向は右から左へ移動させながら磨きます。

f:id:ruka_net:20210115030304j:plain

 

左→右だと、バフが暴れてしまいました。

 

次に、左手は先端にそっと添えます。

f:id:ruka_net:20210115030351j:plain

 

これで、バフが暴れることなく、最後まで磨くことが出来ました。

 

コンパウンドの力。

シャワーで流した後に気付いたのですが、水捌けが新品に戻っていました!

f:id:ruka_net:20210115025715j:plain

 

30秒で、ススーっと水が弾かれていきました。

f:id:ruka_net:20210115030754j:plain

 

コーティングをしていないのに、まるでコーティングをしたかのよう。。。

 

ポリッシャーコンパウンドで磨いたことで、表面が均一になった証拠だと思います。

 

クリア層を削ってしまっても、これなら問題なさそうです。

 

大成功でした!

水垢を落とした後は、「おふろのなまはげで、キレイをキープしていきます。

 

ビフォー&アフターです。

f:id:ruka_net:20210115030034j:plain

 

f:id:ruka_net:20210115030431j:plain

 

コンパウンド前。

f:id:ruka_net:20210115030546j:plain

 

コンパウンド後。

f:id:ruka_net:20210115030431j:plain

 

真上から。

アフターを、一番目立つ真上から見てみます。

 

左側。

f:id:ruka_net:20210115025746j:plain

 

中央。

f:id:ruka_net:20210115025757j:plain

 

右側。

f:id:ruka_net:20210115025819j:plain

 

普段の目線から。

普段の目線から見るとこんな感じです。

 

f:id:ruka_net:20210115025843j:plain

 

f:id:ruka_net:20210115025934j:plain

 

f:id:ruka_net:20210115025831j:plain

 

目立たない所か、まったく分かりませんね!

 

終わりに。

樹脂製についた頑固な水垢は、簡単ではないと感じています。

水垢は硬いのに、材質は柔らかいので、無傷で落とすのは至難の業です。

 

FRP 浴室 水垢」で検索しても、ヒットするのはリフォームやコーティングばかりで、参考にはなりませんでした。

 

それでも、私なりに調べ尽くして、ようやく、これなら記事に出来るかな?というレベルになったと思うので、記事にさせて頂きました。

 

今回使用した道具は、全て素人でも揃えることが出来るので、参考になれば幸いです。