とことんそうじ

毎日を気持ち良く過ごす掃除術

とことんそうじ

【洗面台磨き】使う度に気持ち良い洗面台にして、家族を笑顔に。

f:id:ruka_net:20210407170331j:plain

 

「使う度に気持ち良い洗面台」とは、どんな洗面台でしょうか。

 

駅で、駐車場で、お店で、洗面台が汚れていると気分が下がりますよね。

 

逆に、ピカピカに掃除されていると、気分が良いですよね。

 

これは家の洗面台でも同じだと思います。

 

今回は、「使う度に気持ち良い洗面台」にする手順をご紹介します!

 

 

 

はじめに。

現在の洗面台がこちらです。

f:id:ruka_net:20210407165536j:plain

 

最後の掃除から9ヵ月間空いているので、水垢皮脂汚れがすごいです。

 

これでは「気持ち良くない」ですよね。

 

今回はこれを磨いていきます!

 

洗面台の磨き方。

使う物は、陶器磨きの定番「茂木和哉」です。

f:id:ruka_net:20210407165600j:plain

陶器やステンレスは、何度でも磨いて蘇らせることが出来ます。

 

成分が沈澱していることがあるので、使用前によく振ります。

 

「茂木和哉」を全体に垂らします。

f:id:ruka_net:20210407165548j:plain

 

基本は手磨きなのですが、今回はポリッシャーを使って磨いていきます。

 

「ポリッシュパッド」を水で濡らします。

f:id:ruka_net:20210407165749j:plain

 

「茂木和哉」を全体に塗り広げます。

f:id:ruka_net:20210407165736j:plain

 

ポリッシャーを使って全体を磨いていきます。

f:id:ruka_net:20210407165707j:plain

ダイヤルは基本1、頑固な水垢には2〜3で磨いています。

f:id:ruka_net:20210407165802j:plain

 

ポリッシャーで磨けない部分は、手で磨きます。

f:id:ruka_net:20210407170309j:plain

 

手磨きには、「超人たわしZ」がおすすめです。
f:id:ruka_net:20210407165721j:plain

手でも磨くので、ポリッシャーである必要はありません。

f:id:ruka_net:20210407170025j:plain

 

一通り磨いたら、洗い流します。

 

洗い流すコツですが、洗面台に少し水を張って、

f:id:ruka_net:20210407170036j:plain

 

「超人たわしZ」に水を含ませます。

f:id:ruka_net:20210407170050j:plain

 

これで全体を磨きながら洗い流すと、キレイに落とせます。

f:id:ruka_net:20210407170101j:plain

 

周囲に飛び散った「茂木和哉」を拭き取ります。

f:id:ruka_net:20210407170127j:plain

 

最後に洗面台を乾拭きします。

f:id:ruka_net:20210407170114j:plain

 

乾拭きをしたら、全体を触って、水垢が残っていないか確認をします。

f:id:ruka_net:20210407170434j:plain

 

ザラザラしている箇所があったら、その部分だけ再度磨き直します。

 

どうしても落ちない水垢は?

どうしても落ちない水垢には、「スポンジ研磨剤」がおすすめです。

f:id:ruka_net:20210407170419j:plain

 

写真では240番相当の「ファイン」を使っていますが、

結構使っているので、大分研磨力が落ちています。

 

新品で使う場合は、青の「ウルトラファイン」か、赤の「スーパーファイン」がおすすめです。

それ以上は傷がつくリスクが高いです。

磨いた結果。

そうして、水垢と汚れがなくなった洗面台がこちら!

f:id:ruka_net:20210407170408j:plain

 

ピッピカのツルツルです!

f:id:ruka_net:20210407170447j:plain

 

f:id:ruka_net:20210407170343j:plain

 

f:id:ruka_net:20210407170319j:plain

 

陶器は汚れがなくなると光ります。

少しでも水垢が残っていると、その部分だけ光りません。

どの角度から見ても光るように頑張りました!

 

ビフォー&アフター。

ビフォー&アフターです。

f:id:ruka_net:20210407165640j:plain

 

f:id:ruka_net:20210407170356j:plain

 

ついでにもう一箇所も磨きました。

f:id:ruka_net:20210407165614j:plain

 

f:id:ruka_net:20210407165626j:plain

 

ピカピカをキープするには?

せっかくピカピカにしても、毎日使っていると、また汚れて来てしまいます。

 

そこで、少しでもピカピカの状態を維持するためには、

「1日1回マイクロファイバークロスで拭くこと」

です。

 

常にマイクロファイバークロスを隅に置いておき、

f:id:ruka_net:20210411013553j:plain

 

1日に1回、全体の水気を拭き取ります。

f:id:ruka_net:20210411013612j:plain

 

特に水の広がる範囲汚れやすいので、そこだけでも拭く習慣をつけると、

汚れるのを遅らせることが出来ます。

f:id:ruka_net:20210411013606j:plain

 

終わりに。

洗面台の掃除は、家族にも好評なので嬉しいです。

一目で「キレイになった」と分かりますもんね。

 

また、今回の掃除では「ポリッシャー」を使用していますが、

手磨きでもまったく同じ仕上がりになるので、

このためにわざわざ購入するのは勿体ないです。

 

今回使用した道具はこちら。

※「ポリッシュパッド」は清掃用品のサイトでのみ購入出来ます。

 

 

参考になれば幸いです。